So-net無料ブログ作成

山中亮平選手、空白の2年を経て捲土重来を期す [山中亮平]

早稲田入学時は「未来のスーパースター」だった山中亮平選手

山中亮平.jpg早稲田大学ラグビー蹴球部HPより引用


東海大仰星高校で3年時に全国高校大会優勝を果たす。早稲田大学では副将を務め、大学生ながら日本代表にも選ばれ、2010年5月8日に行われた2010年アジア5カ国対抗アラビアンガルフ戦で日本代表初キャップを獲得した。 2011年に神戸製鋼に入団。2011年ラグビーワールドカップ日本代表候補の一人であった。 2011年4月の強化合宿中に行われた薬物の抜き打ち検査で陽性反応を示す。これは育毛剤の成分が反応したと報道されている。 2011年8月10日、薬物検査陽性反応問題で、国際ラグビー評議会が山中に対し、2011年4月に遡って2年間(2013年4月)までの選手資格停止処分を決定した。山中本人は「口髭を生やすために育毛剤を使用してしまった」ことを弁明した。この資格停止処分に伴い、山中は神戸製鋼コベルコスティーラーズを8月9日付で一時退団した。 2013年には処分期間満了にともない神戸製鋼に再入団している。 2015年、ラグビーワールドカップ2015のバックアップメンバーに選出された。(ウィキペディアより引用)


中学2年生の時、サッカーからラグビーに転向。
東海大仰星高時代は、自由奔放なプレーぶりから「ファンタジスタ」と称された。
大型司令塔として花園で高校日本一に輝き、早稲田大に進学する。
1、2年時には大学選手権を制覇。
大学4年時には日本代表として初キャップを獲得した。
神戸製鋼に進んだ2011年に当時のジョン・カーワンHCに認められ、
ワールドカップを控えた日本代表合宿に参加した。

 だが、同年4月、IRB(国際ラグビーボード)が行ったドーピング検査で陽性反応が出て、2年間の資格停止処分が下され、プロとして入社した神戸製鋼ラグビー部を退部する。
練習も含めてラグビーをプレーすることは一切禁止され、ボールを触れることはもちろん、スパイクを履くこともほとんどなかったという。それでも山中はラグビーをあきらめなかった。

昨年の5月、山中は神戸製鋼ラグビー部に復帰する。
だが、空白の2年、ブランクの影響は大きかった。
昨シーズンの試合出場はたった2試合だけであった。

しかし、神戸製鋼は彼を復活させるべく、山中は今年から提携を結んだスーパーラグビーのチーフス(ニュージーランド)に派遣された。そのニュージーランドで世界トップレベルに触れ、自信をつかんだ山中は日本代表の合宿のメンバーにも選出された。
ワールドカップ最終登録メンバー31名には入れなかったが、13名のバックアップメンバーに名を連ねた。

空白の2年間を経て、彼だけにしか出来なかった経験を活かし、これからトップリーグそして日本代表で活躍してくれることを信じている。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。